*

9.痕は残るの?

icon-03

 

全身に広がった湿疹…。
ダメだと思っても掻いてしまい、肌は無残な状態に。
これって、痕は治るの?

 

 

掻きたくなくても、掻いてしまう

湿疹が出ると、ダメだとわかっていても激しい痒みに負けて掻いてしまいます。
掻き壊して血が出るまで掻いて、ようやく満足…痒みは治まったけど、それと同時に激しく後悔する。妊娠性痒疹はその繰り返しの生活です。だって、自分に合ったケアが見つかるまでは、それしか痒みから逃れる方法がなかったのです。


スポンサーリンク


全身に広がった凄まじい湿疹は、私も記憶にありますが、全身が斑模様になっていました。健康な肌はどこだろう?というほどで、その分厚い赤い湿疹がくっついている様を見ると、湿疹が治っても痕が消えないかもしれない…と覚悟したものです。

管理人の体験談

しかし!私の場合は、産後にかゆみが消えると同時に、痕も消えていきました。
私は妊娠中はアルテニーニローション(参考「効果1位はやっぱりヨモギ!」)とティーツリーオイル(参考「湿疹にティーツリーオイルの効果を信じてみる」)で掻き壊して出血してしまったところの消毒をしていました。
また、産後もアルテニーニローションは使い続けました。(Q&Aサイトでおすすめされていたので)それが効果があったのかもしれません。

ただし、痒みそのものは出産と同時に引いたものの、湿疹そのものと痕は1か月後ぐらいまで残りました。
産後すぐに病室で取った写真、赤ちゃんを抱く腕は斑模様ですが、お宮参りには間に合いました…。

もちろん、個人差はあります。年齢に関係なく、色素が沈着してしまい痕が残っているという人もいれば、すっかりキレイになったという人も。ちなみに私も30代半ばでの出産・妊娠性痒疹でした。

やはり、できるだけ掻き壊さないのが一番!です。掻いてしまった場合は、適切なケアをしましょう。


スポンサーリンク


関連記事

icon-04

4.妊娠性痒疹の症状

  辛い妊娠中の湿疹の症状。 このページにきているかたは既に症状がわか

記事を読む

icon-05

7.ステロイドや抗ヒスタミン剤、使ってもいいの?

  妊娠中の薬の使用は悩ましいものです。特に湿疹が出た場合は、ステロイドを中

記事を読む

no image

8.二人目でもやっぱり発症するの?

    初産時にこの症状にかかった人は、二人目以降にも発症す

記事を読む

icon-05

6.妊娠性痒疹の治療

妊娠性痒疹の治療は、根本的な解決をすることはできません。(原因が妊娠と思われるため)現れた症状に

記事を読む

icon-04

5.いつ治る?やっぱり産むまで治らない?

  辛い妊娠性痒疹の症状。 何をしても治らない、何をしても効かない…

記事を読む

icon-01

3.赤ちゃんに影響はあるの?

これだけの湿疹ができたら、赤ちゃんに影響があるかもしれない! と、不安になっていませんか?

記事を読む

icon-03

1.痒疹・掻痒・疱疹・PUPPP?名前と症状の違いは?

妊娠性痒疹 妊娠性掻痒 妊娠性疱疹 PUPPP… ざっと調べただけで、妊娠中の激しい痒み

記事を読む

icon-03

2.妊娠性痒疹の原因は?

  妊娠性痒疹については、詳しいことは何もわかっていないようです。 と、い

記事を読む

Comment

  1. ようこ より:

    はじめまして。
    私は今年の2月に初めて出産しました。昨年の秋頃に妊娠性痒疹になって、本当に苦しんだんです。私もネットの情報をたよりに、よもぎローションを取り寄せて一気に治りました。出産前に治りましたよ。

    湿疹の跡は、最初はもうとてもひどいものでしたが、よもぎローションで痒みが治まってから暫くして、湿疹のある場所の皮が日焼けみたいに剝けはじめました。二回脱皮して跡はほとんど消えました。

    今、第二子を妊娠中でまたまた妊娠性痒疹の兆候が出てきました。今回はひどくなる前によもぎローションを使おうと思っています。

    このサイト、立ち上げて下さってありがとうございます。たくさんの人のお役に立つといいな。

    • puppp.com より:

      今更のお返事で申し訳ありません。サイトを見てくださってありがとうございます!

      やはりよもぎローションの力は偉大ですね!私は痒みが楽になった程度なのですが、治っただなんてすごい……!
      湿疹のあともキレイになったのですね。出産後のケアにもよもぎローションは力を発揮してくれるようですね。
      ネットの体験談や自身の体験談をもとに記事を書きましたが、こうやってようこさんのように生の声が聞けるのは嬉しいです。

      第二子妊娠、おめでとうございます!やっぱり兆候が……;これはもう体質として諦めるほかないのでしょうか。
      痒疹、PUPPPのせいで第二子を諦める方も多いのか、なかなか第二子での痒みの体験談は出てこないので貴重なコメントをありがとうございます。
      よもぎローションで、発症そのものを抑えられると良いのですが……。

      こちらこそサイトを見てくださってありがとうございました。
      医療的な進歩がないので、民間療法レベルの記事を増やすしかないのが悲しいところなのですが、他になにか「これがきいた!」というものがようこさん自身で発見されましたら、ぜひ教えていただけますと幸いです。
      どうかお体を大切にしてください。

  2. ピーチ姫 より:

    初めまして。

    あまりの痒みに一睡もできず、どうにかしたくてこのサイトに行き着きました。
    妊娠32週で下腹部のブツブツに気がついたと思ったら3日後には胸から脇の下に拡がり、5日後には腕や足の付け根、首にまで拡がりました。
    早い段階で産婦人科で相談しましたが、皮膚科に行くように言われ、皮膚科でヒルドイドを処方されましたが一向に痒みは治らず。入浴後や布団に入ると余計に痒みがひどくなり、ろくに眠れていません。
    本当にのたうち回るほどの痒みです。掻いてはいけないけれど、手を縛ったとしても掻いてしまうでしょう。
    冷やすことは胎児によくないとよけ言われていますが、身体が温まったり衣類に触れるだけで痒みが増すので裸で過ごしたり、濡れタオルや保冷剤で冷やして気休めしてます。

    ギリギリまで仕事に行って産休に入り、ようやくゆっくり出産準備をして赤ちゃんを迎える準備をしようとしていたやさきにこんなブツブツだらけになってしまいました。マタニティフォトも撮ることができず、絶望的な気持ちです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 妊娠性痒疹ポータル
    フリーライター。初産時にひどいPUPPPに悩まされ、ネット検索するも情報がなにもないことに絶望。二人目を考え始め、再度調べなおすものの何も情報が増えていないことが悲しくなり、ネットに散見する妊娠性痒疹に関連するまとめサイトを立ち上げることを決意。
PAGE TOP ↑