*

第2子でも!妊娠性痒疹<13w1d>

第2子妊娠後、12週で早くも妊娠性痒疹が!
産むしか治らないと言われているこの湿疹、あと6か月もあるのに出産まで耐えるなんて無理…!ということで、行動し始めました。

発症から1週間、13週目の経過

13週目に入っても、痒い症状はおさまりません。
赤い湿疹は盛り上がってくっつきあって、腹部・胸部は健康な皮膚がないような状態になってしまいました。

また、肩甲骨のあたり、腰、肘の内側、ひざの裏側、足の付け根に激しい痒みと湿疹が発生。

頼みの綱のアルテニーニ ローションも毎日塗りたくって、1週間で3分の2を使うペースでしたが、痒みが上回る形です。

ただし、最初の湿疹から1週間後ぐらいには、いちばん初めに湿疹が出来た胃のあたりの皮膚は茶色くなりはじめていました。

病院でもらった薬

産婦人科で確認したところ、「今回は皮膚科へ行ってください」ということで、近隣の皮膚科へ。
そこでは妊娠性の湿疹でしょうとも、アトピーでしょうともなんとも言われない解答だったのですが、「12週なので飲み薬は出せません」ということで塗り薬のみ処方してもらいました。
今回処方してもらったのは…

ゲンタマイシン硫酸塩軟膏 0.1%「イワキ」+テクスメテン軟膏0.1%
上記を合わせた薬の軟膏が1つ

白色ワセリン

の2つです。

通常、ワセリンは保湿に使うので薬の上から塗るのかな?と思ったら、ワセリンを塗って全身を保湿したあとに薬の軟膏を塗るようにとの指示でした。
ちなみにこの薬は、ワセリンの上から塗ってもチリチリとした痛みが!(効いているということだと思います)ステロイドが入っているので吸収を抑えるためなのかな?と思いましたが、薬が強いので直に塗ったらもっと痛かったかもしれませんね。

ちなみに朝・夕の2回塗りでしたが、塗った直後は落ち着いてるんですが、やっぱり数時間後には痒みが出ます。
ただ、だいぶましになったような気持ちでした。

なにより、この薬を塗るようになってからはあのアルテニーニローションを塗らなくても過ごせるように!(とても驚きました)


スポンサーリンク


薬以外に、妊娠性痒疹で対策したもの

お医者さんからのアドバイスで、以下の対策をしました。

体を洗うときは「白いせっけん」を使い、手で洗うこと

液体石鹸でボディタオルを使うと刺激が強すぎるとのことで、石鹸で、なおかつ手で体を洗うように指示されました。
お医者さんからはこちらの「白いせっけん」を勧められました。

私は処方箋を提出した薬局で買いましたが、ドラッグストアなどでも購入できると思います。
湿疹が出てからは手洗い+牛乳石鹸を使っていたのですが、それよりももっとソフトな刺激で驚きです。こんな石鹸があったんですね…。

ただ難点が、とても泡立ちが悪いです。
泡立てネットなどで泡を作ってから体を洗うのが良いかもしれません。

洗濯に柔軟剤を使わない

こちらもお医者さんからの指示で、洗濯に柔軟剤を使わないように指示されました。驚き!
なんでも柔軟剤の成分が刺激になることがあるんだそうです。

おかげでタオルもゴワゴワで、お風呂あがりに体を拭くときに余計に痛い気が…。これは3,4日でやめてしまいましたが、効果があったのか無かったのかはよくわかりません。

柔軟剤は我が家はこれを使っています。

入浴剤を変えた

こちらはセルフケア。
入浴剤は、普通のタブレットタイプなどを使っていたのですが、やはりお風呂は大事だろうということで入浴剤にこだわることに。
オートミールのお風呂なども考えたのですが、上の子もいるいま、処理などの手間を考えると行動に移せず、市販品で対応することにしました。

きき湯シリーズの「肌荒れ・しっしん」用をチョイス。

これが個人的によかったな~と思う入浴剤でした。
いちばん痒いはずの腹部・胸部を入浴中にかかずに済むという感激。
他の部分はかいちゃうのですが、なぜか腹部・胸部はこれを使ってからはお風呂でかかなくなりました…。個人差はあると思いますけれど、「入浴剤も変えると違うんだな」と実感できた一品です。

万全の体制で、もう1週間過ごしてみる

とりあえず13週の時点でできることはして、1週間過ごしてみることにしました。
お医者さんには2週間ようすを見てだめならまた来てくださいとのことでしたが、2週間も変化がなくて大人しくしていられるわけがないので、その時点で変わらなければ別の皮膚科にかかるつもりでいました。

さて、1週間後の結果は…後日更新いたします。


スポンサーリンク


関連記事

no image

2016年妊娠性痒疹の際、参考にした記事

私が初めて妊娠性痒疹にかかったのは2012年のことでした。 あのときはまだ「妊娠性痒疹」なんて言葉

記事を読む

icon-01

第2子でも!妊娠性痒疹<12W1d>

ありがたいことに第2子を授かりました。 1人目に兄弟を作ってあげたい、2人目が元々欲しかったか

記事を読む

no image

2015年、妊娠性痒疹を取り巻く環境について

このサイトを開いてから数ヶ月の月日が流れました。 おかげさまで私のサイトに「妊娠性痒疹」「妊娠

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 妊娠性痒疹ポータル
    フリーライター。初産時にひどいPUPPPに悩まされ、ネット検索するも情報がなにもないことに絶望。二人目を考え始め、再度調べなおすものの何も情報が増えていないことが悲しくなり、ネットに散見する妊娠性痒疹に関連するまとめサイトを立ち上げることを決意。
PAGE TOP ↑